マーケティングのフレームワークまとめ

マーケティング

このカテゴリーでは、マーケティングに使えるフレームワークや分類を紹介していきます。

なお、このカテゴリーの内容はロジカルシンキングの基礎知識を前提として記述されています。まずは以下のリンクでロジカルシンキングの基礎を押さえてから読み進めるようにしてください。

特に、以下の2つのエントリーは必須ですので、必ず目を通しておいてください。

では始めていきましょう。

ビジネス/マーケティングとは

まずは、「マーケティング」という言葉を定義するところから始めましょう。マーケティングを理解するためには、その上位概念である「ビジネス」から考えるのがベストです。このセクションでは、ビジネスの定義や企業のゴールを理解することを通じて、マーケティングというものをより高い視点から捉えていきます。

マーケティングの全体像

マーケティングのフレームワーク

では、ここからはマーケティングを掘り下げていきましょう。

上のスライドは、マーケティングのハイレベルな部分で使える一連のフレームワークをまとめた樹形図です。使い勝手のいいものは押さえたつもりなので、一通り学んで、機会があったら使ってみてくださいね。

では、順に説明していきます。

競争のフレームワーク

マーケティングのフレームワーク①

ビジネスとは、要するに競争です1。これだけ世の中が豊かになっても、なぜ私たちが相も変わらず競争に明け暮れているのかは興味深い謎ですが、とにかくそうなっています。

つまり、ファイナンスでも、マーケティングでも、コンプライアンスでも競争が起きています

さすがにコンプライアンスでは競争はないかと思いきや、そうでもありません。分かりやすいのは大企業によるグローバル節税ですね。彼らは「ダブルアイリッシュ・ダッチサンドイッチ」という、素人が聞いたらとても節税スキームとは思えない手法を使い、限界まで節税していると言われています。

コンプライアンスでこの有様ですから、マーケティングでどうなるかは言うまでもありません。マーケティングは、完全に競争の世界です。

ということで、まずは競争を分解するフレームワークを勉強しましょう。詳細は以下のリンクで解説しています。

マーケティングの土台

マーケティングのあらゆる論点において、必ず持つべき視点が2つ存在します。それは、①社会と、②経営資源です。マーケティングとは社会の中で行われるものであり、また、あらゆるマーケティング活動には経営資源が必要となるからです。

社会分析

まず、根本的な土台は社会です。スライドにカッコで書いたとおり、「自社の属する市場の外」と解釈した方が分かりやすいかもしれません。これを「マクロ環境」と呼ぶこともあります。

あらゆる市場ニーズは、社会情勢から決まるものです。社会が欲しがらなくなったモノを売ることは、どんな企業にもできません。

言い換えると、マーケティングのWhatやHowの答えは、社会の変化に応じて変わっていくということです。ビジネスパーソンは、常に社会情勢にアンテナを立てておく必要があります。

一方で、「社会」という概念は大きすぎるのも事実です。「社会情勢にアンテナを立てておく」と言うのは簡単ですが、これは具体的に、社会の何を、どのような視点で分析することなのでしょう? ここに使えるフレームワークを勉強しましょう。

(詳細は執筆中です)

経営資源

2つめの土台は経営資源です。自社が所有するリソースですね。

当然の話ですが、WhatやHowの論点から導かれる解決策は、実行可能なものでなければなりません。無い袖は振れないですからね。

つまり、マーケティングの論点を考えるときは、常に「経営資源は足りるか?」という論点がセットになるわけです。

では、経営資源とは具体的に、何のことなのでしょう? もはや、「ヒト・モノ・カネ」といったフレームワークでは時代遅れで対応できません。経営資源の正しい分類を理解しましょう。

What(何をするか)のフレームワーク

マーケティングのフレームワーク②

競争のフレームワークに従えば、マーケティングはWhat(事業)とHow(個々の事業)のレベルに分けられます。

このうち、Whatレベルの論点とは、要するに投資判断(ある事業に投資するか/しないか)です。これについて詳しく学んでいきましょう。

(以降の内容は執筆中です)


  1. 最近は「競争がないところで儲ける/競争がない状態に持ち込む」という考え方が流行っていますが、これもある種の競争のやり方だと考えてください。