妥当な根拠の3つの条件

妥当な根拠の3つのポイント

このエントリーでは、妥当な根拠の3つの条件を説明します。これが「『主張が正しい』とはどういうことか」を理解する上での最も基本的なコンセプトになるので、しっかり押さえてください。

なお、このエントリーはロジカルシンキングの基礎知識(最低でも、主張と根拠の関係を理解していること)を前提として書かれています。途中で分からなくなった場合は、以下のリンクを参考にして、基礎から学習してください。

では始めていきましょう。

妥当な根拠の全体像

さっそくですが、結論を見てください。以下のスライドにまとめてあります。

妥当な根拠の3つのポイント

このように、根拠が妥当であるためには、根拠が以下の3つの条件を満たしている必要があります。

  1. 客観的である:知覚できることに基づいている
  2. 普遍的である:偶然の偏りの影響を受けていない
  3. 網羅的である:考えるべきことを過不足なく考えている

では、これから順に説明していきます。

なお、このエントリーの目的は全体像を掴むことなので、それぞれの条件の詳しい説明まではしません。分からないところもあるかもしれませんが、詳細な説明は今後のエントリーで行いますので安心してください。

条件①:根拠の客観性

妥当な根拠の3つのポイント①

第一の条件は、根拠の客観性です。これは要するに、知覚できることを根拠にするということです。「知覚」というと分かりにくいかもしれませんが、「見える・聞こえる」という意味だと考えてください。

知覚できることは他者と直接的に共有できるため、根拠として強固です。逆に、知覚できないことは他者と直接的に共有できないため、根拠として脆弱であり、批判の的になります。

例を見てみましょう。

Aさん
Aさん

X社とY社、どちらにポスターのデザインを発注するべきだろうか?

Bさん
Bさん

X社にするべきだよ。X社のデザインの方が優れていると僕は思うな。

Aさん
Aさん

「X社のデザインの方が優れている」というのは君の主観的な意見だろ。他の人は、Y社の方が優れていると言うかもしれない。

「X社のデザインの方が優れている」ことは知覚できません。「優れている」というのは判断であり、それを見ることはできないからです。そこをAさんに批判されてしまいました。客観的な根拠に変えてみましょう。

Aさん
Aさん

X社とY社、どちらにポスターのデザインを発注するべきだろうか?

Bさん
Bさん

X社にするべきだよ。僕の周りの5人にアンケートした結果、3人がX社のデザインの方が好きだと答えたよ。

Aさん
Aさん

君の言うとおり、X社にするよ。

先ほどと違い、「5人にアンケートした結果、3人がX社のデザインの方が好きだと答えた」ことは知覚できます。アンケート用紙を見ればいいですよね。

このように、根拠を客観的にすることで根拠の妥当性が上がります。2つの根拠の違いが「知覚できるかどうか」にある点を確認しておいてください。

条件②:根拠の普遍性

妥当な根拠の3つのポイント②

第二の条件は、根拠の普遍性です。これは要するに、知覚したことは、偶然そうなったわけではないことを担保することです。

客観的なこと(=知覚したこと)であればどんな主張でも支えられるかというと、そんなことはありません。たまたまそうなっただけかもしれないからです。実際に、Aさんに先ほどのロジックを切り崩してもらいましょう。

Aさん
Aさん

X社とY社、どちらにポスターのデザインを発注するべきだろうか?

Bさん
Bさん

X社にするべきだよ。僕の周りの5人にアンケートした結果、3人がX社のデザインの方が好きだと答えたよ。

Aさん
Aさん

それだと、1人が意見を変えるだけで結論が変わるじゃないか。たまたまそうなっただけじゃないの?

先ほどは上手くいったロジックでしたが、今度はAさんに根拠の普遍性の欠如(=偶然の影響を受けている可能性)を批判されてしまいました。たしかに、1票だけ多く獲得したのでは説得力に欠けますよね。

では、どうしたら根拠の普遍性を高めることができるのでしょう? 詳しくは今後のエントリーで説明しますが、てっとり早いのはデータの数(知覚する数)を増やすことです。実際に、Bさんにもっと多くの人にアンケートしてもらいましょう。

Aさん
Aさん

X社とY社、どちらにポスターのデザインを発注するべきだろうか?

Bさん
Bさん

X社にするべきだよ。僕の周りの1000人にアンケートした結果、600人がX社のデザインの方が好きだと答えたよ。

Aさん
Aさん

僕の負けだ。X社にするよ。

X社の支持率は前と変わらず60%ですが、今度は1人が意見が変えた程度では結果はビクともしません。データの数を増やすことで、根拠の普遍性を高めることができました。

なお、厳密には、データの数だけを増やせばいいわけではなく、そのデータが母集団の姿を正しく反映している必要があります。たとえば、ポスターが全国民に見られるものなのであれば、データ内の男女比や年齢構成は、日本国民全体のそれと同じであるべきです。ただし、このあたりの話は専門的すぎるので追々勉強しましょう。

このように、根拠を普遍的にすることでも、根拠の妥当性が上がります。2つの根拠の違いが「偶然の影響をどれだけ受けていると考えられるか」にある点を確認しておいてください。

気づいた人もいるかもしれませんが、根拠の普遍性とは要するに統計のことです。根拠の普遍性を徹底的に学びたい場合は、ロジカルシンキングではなく統計を学ぶ必要があるので注意してください。

どこまで普遍性を追求するか

なお、あらゆる状況で根拠の普遍性が必要なわけではありません。普遍的な根拠が妥当であることは間違いありませんが、現実問題として普遍性を追求できないことが多々あるのです。たとえば、上の例では1000人にアンケートしたことにしましたが、実際の状況で1000人にアンケートできることなど稀です。そんな労力もお金もかけられないことがほとんどなのです。

実態としては、論点の大きさ(関わる人の数や重大性)、データの利用可能性、根拠の構築に使えるリソース(労力と予算)、緊急性(今すぐ答えを出して行動する必要があるか)などを考慮して、どこまで普遍性を追求するかを調整します。

同じことが、批判するときにもあてはまります。普遍性に関して少し勉強すれば、「それは有意性があるの?」、「エビデンスは?」といった批判をすることは簡単です(これらの批判の意味は今後のエントリーで説明します)。しかし、本当にそこまで厳密な根拠が必要なのかを考慮せずにこういった批判を繰り返すのは、ただの議論クラッシャーでしかありません。頭でっかちにならないように注意しましょう。

条件③:根拠の網羅性

妥当な根拠の3つのポイント③

第三の条件は、根拠の網羅性です。これは要するに、考えるべきことを過不足なく考えているということです。

例を見たほうが分かりやすいでしょう。先ほどのロジックをAさんに網羅性の観点から切り崩してもらいます。

Aさん
Aさん

X社とY社、どちらにポスターのデザインを発注するべきだろうか?

Bさん
Bさん

X社にするべきだよ。僕の周りの1000人にアンケートした結果、600人がX社のデザインの方が好きだと答えたよ。X社のデザインの方が優れていることは明らかだ。

Aさん
Aさん

なるほど、X社のデザインの方が優れていることは間違いないだろう。しかし、どちらの会社にデザインを発注するかは、デザインの質だけでなく、価格との兼ね合いで決める必要があるんだ。

Bさんは、多数の事実を知覚することによって「X社のデザインの方が優れている」という根拠を用意しました。この根拠は客観性と普遍性を兼ね備えているため、あらゆる批判に耐え抜けます(先述のとおり厳密には統計的な細かい批判が可能ですが、今回はそこには触れません)。

問題は、「X社のデザインの方が優れている」という一本足打法では、「X社にデザインを発注するべきだ」という主張を支えきれないことです。Aさんの指摘するとおり、最低でも価格という視点での検討が必要でしょう。たとえば、X社の価格がY社の5倍なら、とてもX社に発注する気にはならないはずです。デザインの支持率は6:4であり、5倍の価格差を正当化できるほどではありません。

また、価格以外にも、以下のような視点が必要かもしれません。

  • 納品までのスピード
  • 細かい修正に対応してくれるか/修正に追加料金がかかるか
  • デザイン会社としてのこれまでの実績
  • 自社との取引履歴

このように、ある論点を考えるときに、検討すべきことが1つであるとは限りません。その場合には、検討することに抜け漏れがあると、そこを批判されてしまうわけです。反対に、検討する必要がないことを論じてしまえば、それはノイズになります。このように、根拠の網羅性とは、「根拠として検討するべきこと」を過不足がない状態にすることです。

実際に、網羅性のある根拠をBさんに作ってもらいましょう。

Aさん
Aさん

X社とY社、どちらにポスターのデザインを発注するべきだろうか?

Bさん
Bさん

X社にするべきだよ。

2社を「デザインの質」と「価格」の2点で比較してみたんだ。総合的にコストパフォーマンスのいい会社に発注するべきだからね

まず、デザインの質はX社の方が上だと言える。僕の周りの1000人にアンケートした結果、600人がX社のデザインの方が好きだと答えたからだ。

次に価格だけど、これは両社ともに100万円で違いはない。値引きの余地もなさそうだ。

結論として、コストパフォーマンスに優れているX社を選ぶべきだ。

Aさん
Aさん

Good Job!

このように、根拠の網羅性を高めることでAさんの批判をかわしきることができました。

せっかくなので、最初の根拠からどれだけ進化したかを確認してください。客観性、普遍性、網羅性の3つのポイントを押さえることで、はるかに妥当性のある根拠を構築することができました。

Aさん
Aさん

X社とY社、どちらにポスターのデザインを発注するべきだろうか?

Bさん
Bさん

X社にするべきだよ。X社のデザインの方が優れていると僕は思うな。

網羅性を決めるもの

なお、今回は分かりやすさのため「デザインの質」と「価格」の2つで網羅的であるとしましたが、厳密にはこれで網羅的なのかは分かりません。たとえば、先ほど述べたように、「納品までのスピード」も考慮するべきかもしれません。逆に、価格は度外視してとにかくデザインの質を追求したいなら、価格についての情報はノイズになるわけです。

このように、何をもって「網羅的である」とするかは状況によって変わります。杓子定規にやろうとしても上手くいかないので注意してください。

以上、妥当な根拠の3つのポイントを説明しました。ロジックを作るときには、自分の根拠をこの3つの視点でチェックしてください。ちょっとやそっとの批判ではビクともしない根拠が作れるようになりますよ。

さらに学習を進めたい人は

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。ロジカルシンキングの学習をさらに進めたい人は、以下のエントリーに進んでください。今回紹介した、根拠の客観性を掘り下げていきます。

また、ロジカルシンキング関連のエントリーは以下のページにまとめてあります。こちらも参考にしてください。