「考える」とはどういうことか

ロジカルシンキングのキーワード

このエントリーでは、「考える」とはどういうことかを説明します。ここがロジカルシンキングの出発点なので、しっかり押さえてください。

では始めましょう。

「考える」とは

早速ですが質問です。「考える」とは、何をすることでしょう?

「そりゃ、頭を使うことでしょ」と思ったかもしれません。一般的な意味では、それであっています。しかし、「考える = 頭を使う」では漠然としすぎていて、何を意味しているのか分かりません。この定義だと、本当の意味で頭を使っていないのは死人くらいです。

ということで、「考える」という言葉をもう少し狭く定義しましょう。少なくとも、生きている人を「考えている人」と「考えていない人」に分類できるくらいでないと、定義として実用性がないですよね。

結論に飛びます。「考える」とは、正解がない問いに対する答えを探すことです1

おそらく、この定義はあなたが普段使っている「考える」とは違うでしょう。しかし、ロジカルシンキングを学ぶ間は、この意味に切り替えてください。

たとえば、身近な例だと、以下のような問いの答えを探すことは「考えて」います。

  • 進学するか、就職するか?
  • どの会社に就職するか?
  • 家を買うか、借りるか?

これらの問いに、唯一の正解はありませんよね。このように、正解がない問いの答えを探すことが、「考える」ということです。

Point

考える:正解がない問いに対する答えを探すこと

私たちは「考えて」いるか

このように「考える」を定義すると、私たちは日常生活において、ほとんど考えていないということが分かるはずです。

たとえば、この1週間を振り返ってみてください。あなたには、正解のない問いを明確に意識して、答えを探した時間がどれだけあったでしょうか? 一部の例外的な人を除けば、そんな時間は多くないはずです。「考える」という行為は、そんなにありふれたものではありません。

この定義に従うと、テスト勉強も「考えている」とは呼べません。知ってのとおり、テストには正解があるからです。「考える」ためには、正解が分かっていない問いの答えを探さねばなりません。

誤解しないでほしいのですが、テスト勉強は「考える」練習にはなります。正解を見なければいいですからね。しかし、実社会では、正解が存在している問いの答えを考えたりはしません。検索するか、人に聞いた方が早いからです。

「考える」という行為のゴール

考えるとは、正解がない問いに対する答えを探すことだと定義しました。では、考えた結果として、私たちは何を成し遂げたいのでしょう。言い換えると、「考える」という行為のゴールは何でしょうか?

答えはシンプルで、正しい答えを出すことです。

これは当たり前ですよね。問いに対する答えを探しているときに、間違った答えにたどり着きたい人はいません。また、いつまでも答えを探し続けたいという人もいないでしょう。答えを探し始めたら、どこかで正しい答えを見つけて終わりにしたいはずです。

Point

「考える」という行為のゴール:問いに対して、正しい答えを出すこと

しかし、このゴールは簡単に達成できるものではありません。先述のとおり、私たちが考える問いには正解がないからです。学校で解く問題のように、解答例はありません。何をもって「正しい」とするのかを自分で決めて、答えを選んでいくしかないのです。

では、どのように考えたら、正しい答えにたどり着けるのでしょう?

結局、この問いがすべてです。この問いに対する答えを、誰もが知りたいわけです。

どうすれば、正解がない問いに対して、正しい答えを見つけられるのか?

思考法」と呼ばれるジャンルのスキルは、この問いに集約されます。ロジカルシンキングも思考法の一種ですから、この問いに対する答えを学んでいくことになります。

Point

ロジカルシンキングで学ぶこと:正解がない問いに対して、正しい答えを探す方法

ただし、ロジカルシンキングを学んだからといって、必ず正しい答えが見つけられるわけではありません。正解がない問いの答えを探すのは、そんなに甘い話ではないのです。

しかし、何も知らないよりは随分マシになることは確実です。スポーツを始めるときには、最初に基本的な型を習いますよね。同じように、考えるときに使える、基本的な型があるのです。これを覚えることで、ただ闇雲に考えるよりも、はるかに上手に考えられるようになります。

練習問題

では、ここまでの内容を確認しておきましょう。

Question

「考える」という行為の定義を述べよ。また、その定義に従い、あなたがこの1週間に考えたことを述べなさい。

以下に解答欄がありますので、答えを書いてみてください。自分で書いた方が、ずっと効率的に学習できます参考)。分からなくても、トライしてくださいね。なお、この解答欄に書いたことは保存できないので、解答を保存したい場合は自分のメモアプリなどを使ってください。

「考える」とは、正解がない問いに対する答えを探すことである。

※考えたことは何でも構いませんが、「宇宙はどのように始まったのか?」のように、考えたことを疑問文で書けるとグッドです。

ロジカルシンキングの4つのキーワード

次に、ロジカルシンキングの4つのキーワードを押さえてしまいましょう。これは「考える」ことを学ぶための、最も基本的な道具です。以下のスライドを見てください。

ロジカルシンキングのキーワード

この4つが、ロジカルシンキングを学ぶ上でのキーワードです。詳細は次回以降のエントリーで説明しますので、ここでは大きな構造・関係を掴むことを意識してください。

論点とロジック

まず、あなたが答えを出そうとする問いのことを論点と呼ぶことにします。

Keyword

論点:答えを出そうとする問い

これは単に、「問い」を言い換えているだけです。「問い」だと、一般的な言葉すぎて分かりにくいですからね。以降は「論点」と表記します。

続いて、論点に対する答えの全体ことをロジックと呼ぶことにします。

Keyword

ロジック:論点に対する答えの全体

これも誤解を避けるためです。「答え」だと抽象的すぎて、何のことを話しているのか分からなくなりますからね。これからは、ある論点に対して提示された答えの全体のことを「ロジック」と呼ぶことにします2

例として、以下の会話を見てください。

Aさん
Aさん

どうしたら、来月までに3kg痩せられるかな?

Bさん
Bさん

あ、このあいだ、テレビで見たよ。日曜日の9時からやってる番組なんだけど、面白くて毎週見てるんだ。バナナダイエットをするべきだよ。

この会話では、Aさんによって「どうしたら来月までに3kg痩せられるか?」という論点が提示されています。それに対して、Bさんが答えを提示しています。つまり、Bさんの発言のすべてが、「どうしたら来月までに3kg痩せられるか?」という論点に対するロジックになります。

この2つの言葉を使って、「考える」という行為を言い直してみましょう。考えるとは、ある論点に対してロジックを作ることです

主張

ロジックの中には、明らかに特殊なものが1つあります。論点に対する直接的な答えとなる言説です。これを主張と呼びます。

Keyword

主張:論点に対する直接的な答え

これも先ほどの例を見てみましょう。

Aさん
Aさん

どうしたら、来月までに3kg痩せられるかな?

Bさん
Bさん

あ、このあいだ、テレビで見たよ。日曜日の9時からやってる番組なんだけど、面白くて毎週見てるんだ。バナナダイエットをするべきだよ。

論点は「どうしたら来月までに3kg痩せられるか?」です。つまり、痩せるために何をすればいいかが知りたいわけです。

ということは、論点に対する直接的な答えは、「XXをするべきだ」というニュアンスの、何らかの行動を提案する言説であるはずです。上のロジックでそれに該当するのは「バナナダイエットをするべきだよ」です。つまり、「バナナダイエットをするべきだ」が、Bさんのロジックにおける主張です。

なお、「主張」の代わりに「結論」という言葉を使っても構いません。一人で考える場合には「結論」の方がピッタリくるでしょう。しかし、多くの場合、考える過程で人と議論したり、考えた結果を誰かに共有したりします。その場合は「主張」の方が適切なことが多いので、このサイトでは「主張」で統一表記します。

ロジックには、必ず主張が含まれていなければなりません。主張が見当たらないロジックは、もはやロジック(論点に対する答え)とは呼べないからです。

例として、先ほどの会話から主張を取り除いてみましょう。

Aさん
Aさん

どうしたら、来月までに3kg痩せられるかな?

Bさん
Bさん

あ、このあいだ、テレビで見たよ。日曜日の9時からやってる番組なんだけど、面白くて毎週見てるんだ。バナナダイエットをするべきだよ。

これでは、2人の会話は成立していませんよね。ロジックが論点に答えていないからです。言い換えると、Bさんの話した内容がロジック(論点に対する答え)であるためには、「XXをするべきだ」という主張がどうしても必要なのです。

根拠

根拠とは、主張が正しい理由です。これは一般的に使う言葉なので問題ないでしょう。

Keyword

根拠:主張が正しい理由

先ほどのBさんの会話の問題点は、根拠が何なのか分かりにくいことですね。丁寧に解釈すると「自分が見ている(=信用できる)テレビ番組でそう言っていた」ということが根拠だと分かりますが、Bさんの会話からそれを掴むのは難しいです。このあたりの改善方法が、これからロジカルシンキングで学ぶことです。

ちなみに、検索すると「理由」と「根拠」を異なるものだと扱うサイトがいくつも見つかりますが、無視してください。日本語の実態として、この2つの言葉は同じ意味で使われています3。せいぜい、「根拠」の方がフォーマルな雰囲気が出る程度の違いしかありません。

ノイズ

最後に、ロジックに含まれている、主張でも根拠でもない言説はノイズです。上の例でいうと、「日曜日の9時からやってる」という部分は明らかにノイズですね。番組が何時から始まっているかは、主張でもなければ、主張が正しい理由でもありません。

当然ですが、ノイズが多いほどロジックは分かりにくくなります。ロジックにノイズを含めないよう注意してください。

以上、「考える」とはどういうことかを説明しました。このエントリーで学んだことは、ロジカルシンキングに限らず、あらゆる思考法(XXX・シンキング)で使えます。しっかり押さえてくださいね。

では、次回は「論点」をさらに掘り下げましょう。以下のエントリーに進んでください。

また、ロジカルシンキング関連のエントリーは以下のページにまとめてあります。こちらも参考にしてください。


  1. なお、ここでの「正解」とは「議論の余地なく正しい1つの答え」という意味で使っています。 

  2. ここでの「ロジック」と同じような意味合いの日本語として、「論証」という言葉があります。しかし、①「論点」と似すぎていて説明が分かりにくくなる、②この言葉よりも「ロジック」の方が一般に普及している(と私は思う)、という2点の理由により、使用を避けました。 

  3. ただし、この「日本語の実態」の解釈が人によって異なるので、私の言うことが正しいかどうかは、あなたに判断してもらうしかありません。
    また、ディベート界隈では「根拠」を特殊な意味(このサイトにおける「客観的な根拠」という意味)で使うため、これを説明しているサイトもあります。しかし、ディベート界隈の特殊な定義を一般的な定義だとするのは、どう考えても無理があります。