【原因 × 解決策】問題解決のフレームワーク

問題解決のフレームワーク

このエントリーでは、「問題解決のフレームワーク(原因と解決策)」を紹介します。ほぼすべての問題解決に使える、利用頻度の高いフレームワークの1つです。ここで学んで、様々なシーンで使ってみてください。

では始めていきましょう。

問題解決のフレームワーク(原因と解決策)

早速ですが、以下のスライドを見てください。

問題解決のフレームワーク

このように、「問題解決のフレームワーク」とは、何らかの問題があるときに、まずは問題が生じている原因を考えて、それから解決策を考えるフレームワークです。

何か現象として望ましくないこと(問題)が起きており、それを解決したい場合には、ほぼ100パーセントこのフレームワークが使えます。問題解決に使える、最も汎用的なフレームワークと呼んでよいでしょう。

問題解決のフレームワーク

問題解決 = 原因 × 解決策

このフレームワークを論点の構造にすると、以下のようになります。

  • 問題解決:XXという問題を解決するために、何をすればよいか?
    • 原因:なぜ、XXという問題は生じているのか?
    • 解決策:原因を受けて、私(私たち)は何をするべきか?

練習問題

では早速、このフレームワークを使ってみましょう。

Question

以下の問題がある。解決策を問いかける大論点を設定し、問題解決のフレームワークを使ってその大論点を分解しなさい。適宜、表現を修正すること。

問題:家にコバエ(小蝿)が発生している

以下に解答欄がありますので、答えを書いてみてください。自分で書いた方が、ずっと効率的に学習できます参考)。分からなくても、トライしてくださいね。なお、この解答欄に書いたことは保存できないので、解答を保存したい場合は自分のメモアプリなどを使ってください。

  • 家にコバエが発生しないようにするために、何をすればよいか?
    • 原因:なぜ、家にコバエが発生しているのか?
    • 解決策:原因を受けて、私は何をするべきか?

これは私が一人暮らしを始めたときに実際に起きたことですが、原因は「生ゴミを捨てたゴミ箱に蓋をしていないこと」でした。一人暮らしを始めた学生のみなさんは気をつけてください(笑)。

Question

問題:成績が悪い

  • 成績を上げるために、何をすればよいか?
    • 原因:なぜ、私の成績は悪いのか?
    • 解決策:原因を受けて、私は何をするべきか?

原因の小論点に関しては、以前紹介した「成果 = 努力 ✕ 才能 ✕ 運」のフレームワークを使えばさらに深掘りできます。

Question

問題:売上が減少している

  • 売上を回復させるために、何をすればよいか?
    • 原因:なぜ、売上が減少しているのか?
    • 解決策:原因を受けて、私たちは何をするべきか?

このように、このフレームワークはプライベートからビジネスまで、あらゆることに適用可能です。

問題解決のフレームワークの注意点

問題解決のフレームワーク

最後に、このフレームワークを使う際の注意点を説明しておきます。

このフレームワークは汎用性が高い反面、掘り下げが足りません。さらに深いレベルまで「原因」の小論点を分解する必要があります。

有名なエピソードとして、トヨタ自動車では「なぜ」を5回繰り返すと言われています。このように、1つめの「なぜ」をセットするくらいでは全く甘いので、そこは誤解しないでください。

とはいっても、まずは徹底的にこのフレームワークを使ってください。このフレームワークは定番中の定番なので、何か望ましくないことを解決したい場合には、機械的に使って問題ありません。ロジカルシンキングを知らない人は、原因をよく考えずに闇雲に解決策を講じてしまいます。1つめの「なぜ」では足りないかもしれませんが、「なぜ」が1つもないよりはずっとマシなのです。

以上、問題解決のフレームワークを紹介しました。次は解決策のフレームワークを勉強しましょう。

また、ロジカルシンキング関連のエントリーや、その他のフレームワークは以下のページにまとめてあります。こちらも参考にしてください。