客観的に考えるためのトレーニング(例題と解答つき)

このエントリーでは、客観的に考えるためのトレーニングを学びましょう。

なお、これ以降は文章を書くことを前提として話を進めますが、すべての内容が発言(話し言葉)にも当てはまります。書き言葉で練習したら、話し言葉にも応用してみてください。

では始めていきましょう。

例題

例題

次の文を、数字を使った客観的な表現に言い換えなさい。カッコ内の名詞を使い、数字は適当なものを自分で設定すること。

  1. このテストはとても難しい。(合格率)
解答例
  1. このテストはとても難しい。(合格率)→ このテストの合格率は3%だ。

解説

このように、形容詞(以降、形容動詞も含めます)や副詞を数字で言い換えることで、より客観的な表現にすることができます。これは客観的な文章を書く上での基本テクニックです。

しかし、ここで学んでほしいのは文章術のテクニックだけではありません(それも重要ですが)。数字で表現しようとすることで、客観的に考えられるようになる、というのがこのトレーニングのポイントです。

順に説明していきます。

形容詞と副詞は知覚できない

まず、ほとんどの形容詞と副詞は知覚できません。以下の例を見てください。

  • 大きい
  • 多い
  • ヤバい
  • かわいい
  • とても
  • ほとんど

これらはすべて、主観的な判断です。見ることも聞くこともできません。他にも、自分で思いつく形容詞や副詞をチェックしてみてください。知覚できないことに気づくでしょう1

なお、「知覚」という言葉は「見える・聞こえる」という意味です。これだけの説明ではピンとこない方は以下のエントリーを読んでください。

話を戻すと、言葉の中に形容詞・副詞が増えるほど、それは主観的な印象を与えます。言い方を換えれば、あなたが書いたロジックに形容詞や副詞が多く出てくるなら、まだ客観的に考えきれていない可能性が高いです。

Point

ロジックに形容詞と副詞が多用されているなら、客観的に考えきれていない可能性が高い

対策:形容詞と副詞をカットして、数字を使う

では、具体的にどのように考えればよいのでしょう? ここでは文章を修正することを通じて、考え方を修正してみましょう。

覚えておくことは以下の2つです。

  1. なくても意味がとおる形容詞や副詞はカットする
  2. 数字で言い換える

まず、不要な形容詞や副詞はカットしましょう。あっても主観的な印象を与えるだけですから、いいことはありません。カットしても意味が通じるならカットするべきです。特に、副詞はカットできるケースがとても多いです。

しかし、カットできるケースばかりではありません。その場合は、数字に置き換えられないか検討しましょう。数字が出てくるほど、その文章は客観的な印象を与えます。

数字が客観的な印象を与える理由は、知覚しなければ、数字を述べることはできないからです。先ほどの解答例で確認しましょう。

解答例
  1. このテストはとても難しい。(合格率)→ このテストの合格率は3%だ。

変更後の文を述べるためには、実際に知覚しなければならないことを確認してください。「合格率は3%だ」ということを述べるためには、実際に合格者の数をカウントするか、カウントした人の発表を調べる必要があります。このように、数字の背後には知覚があります2。形容詞や副詞を使いたくなったら、それを数字に変換できないか考える癖をつけましょう。

また、数字で述べる方が話が具体的になります。変更後の文では「合格率」という言葉を足していることから分かるように、何についての数字かを明示する必要が生じるからです。

形容詞を使った「このテストはとても難しい」だと、「このテストは(内容が)とても難しい」という意味にもとれてしまい、意味がハッキリしません。しかし、この曖昧さは「このテストはとても難しい」という文だと気づきにくいですよね。一方、もし「このテストは3%だ」と言われたら、誰でも「いや、何が3%なんだよ」とツッコミを入れます。そういう意味で、数字は曖昧さのスクリーニング装置としても機能します。

練習問題

では、ここからは練習問題です。

レベル1

Question

次の文から副詞をカットしなさい。

  1. 彼はとても大きい。
  2. 賛成している人の方が若干多い。
  3. X社はY社よりずっと安い。
  1. 彼はとても大きい。 → 彼は大きい。
  2. 賛成している人の方が若干多い。→ 賛成している人の方が多い。
  3. X社はY社よりずっと安い。→ X社はY社より安い。

レベル2

Question

次の文を、数字を使った客観的な表現に言い換えなさい。カッコ内の名詞を使い、数字は適当なものを自分で設定すること。

  1. 彼はとても大きい。(身長)
  2. 賛成している人の方が若干多い。(割合)
  3. X社はY社よりずっと安い。(料金)
  1. 彼はとても大きい。(身長)→ 彼の身長は2mだ
  2. 賛成している人の方が若干多い。(割合)→ 賛成している人の割合が60%だ
  3. X社はY社よりずっと安い。(料金)→ X社の料金は、Y社の料金の半額(50%)だ

以上、客観的に考えるためのトレーニングを紹介しました。このように、何でも数字で表現する癖をつけると、客観的に考えられるようになります。次にロジックを作るときに思い出してくださいね。

さらに学習を進めたい人は

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。ロジカルシンキングの学習をさらに進めたい人は、以下のエントリーに進んでください。次は普遍的な根拠について学びましょう。

また、ロジカルシンキング関連のエントリーは以下のページにまとめてあります。こちらも参考にしてください。


  1. 例外として有名なのは、「赤い」、「青い」といった、色を表す形容詞です。これらは知覚できますよね。ただし、色に関しても形容詞では誤解の余地が残るので、厳密な一つの色を他者と共有するためには「カラーコード」と呼ばれる記号を使います。 

  2. ただし、例外もあります。たとえば、「7割がた上手くいく」のような当てずっぽうの確率を言うときは、数が実際に知覚されているわけではありません。