主張と根拠の関係(ロジックの構成)

ロジックの構成

ここからは、ロジカルシンキングのポイント③である、「妥当な根拠を構築する」方法を学んでいきましょう。

ロジカルシンキングのポイント③

妥当な根拠を構築するためには、ロジックの構成を理解することが不可欠です。このエントリーでは、ロジックの構成を説明していきます。

なお、ロジカルシンキングを最初から勉強したい人は、以下のリンクを参考にしてください。

では始めていきましょう。

ロジックの構成

早速ですが、以下のスライドを見てください。

ロジックの構成

ポイントは以下のとおりです。

  • 通常、主張は1つの言説で構成される
  • これに対し、根拠は複数の言説で構成される
    • 根拠を構成する個々の言説のことを、根拠ブロックと呼ぶことにする
  • 根拠ブロックは論理関係でつながっており、全体としての根拠を構成している
  • 全体としての根拠が主張の重さを支えることができたら、主張は正しい(=根拠は妥当である)

では、順に説明していきます。

復習

まずは、言葉の定義を復習しておきましょう。以下のスライドを見てください。

ロジカルシンキングのキーワード

このように、ロジックとは論点に対する答えの全体であり、主張と根拠から構成されています。

具体例でも復習しておきましょう。

Aさん
Aさん

家を買うべきだろうか、借りるべきだろうか?

Bさん
Bさん

借りるべきだと僕は思うよ。

理由は3つある。まず、今の日本で不動産を買うのは高値づかみになる可能性が高い。日本の人口はこれから減り続けるわけで、家はこれから余る一方だからね。逆に言えば家賃は下がっていく可能性が高いのだから、不動産価格の変化に合わせて家を借り替える方がいいんじゃないかな。

2つめに、引っ越しに対する柔軟性だ。A君はまだ若いし、この町にずっと住むって決めたわけじゃないだろ? だったら、賃貸にしておいた方が何かあったときに動きやすい。

3つめに……(以下略)

Aさんが話していることが論点、Bさんが話していることがロジックです。ロジックの中で「借りるべきだと僕は思うよ」が主張で、「理由は3つある」以下はすべて根拠です。

主張と根拠の分量

では、ここから先ほどのスライドを詳しく見ていきましょう。もう一度確認してください。

ロジックの構成

まず押さえてほしいポイントは、根拠は主張よりも多くの文で構成されるということです。分かりやすく言うと、根拠は主張より長くなります。

冒頭の例で確認してみましょう。

Bさん
Bさん

借りるべきだと僕は思うよ。

理由は3つある。まず、今の日本で不動産を買うのは高値づかみになる可能性が高い。日本の人口はこれから減り続けるわけで、家はこれから余る一方だからね。逆に言えば家賃は下がっていく可能性が高いのだから、不動産価格の変化に合わせて家を借り替える方がいいんじゃないかな。

2つめに、引っ越しに対する柔軟性だ。A君はまだ若いし、この町にずっと住むって決めたわけじゃないだろ? だったら、賃貸にしておいた方が何かあったときに動きやすい。

3つめに……(以下略)

このケースでは、主張は「借りるべきだと僕は思うよ」の一文しかありません。そして、これが普通です。通常、ロジックを構成する多数の文の中に、主張は一文しかありません。場合分けなどをするケースもあるので、すべてがそうだとは言い切れませんが、主張が多数の文で述べられることは基本的にありません。

Point

通常、ロジックの中に主張は一文しか存在しない。

これは「論点に対する直接的な答え」という、主張の特性から生じることです。直接的な答えがいくつも述べられるわけがありません。

前回のエントリーで学んだとおり、主張になれる言説の型は論点から自動的に決まってしまいます。つまり、主張として言えることは限られているのです。もう一度確認しておきましょう。

論点と主張の型

これに対して、根拠は複数の文から構成されます。難しい論点に対するロジックであれば、数百を超えることも普通です。難しい論点に対する主張を支えるためには、それだけ多くのことを根拠として述べる必要があるからです。

つまり、ロジックの大半は根拠です。主張としての1つの文に対して、根拠としての大量の文がくっついている。これが典型的なロジックの構成です。

根拠ブロック

ここで、根拠ブロックという言葉を用意しましょう。根拠ブロックとは、根拠を構成する個々の文のことです。根拠を構成する個々の要素のことだとイメージしてください。

Keyword

根拠ブロック:根拠を構成する個々の文

先ほどのロジックで、具体的に確認しておきましょう。

Bさん
Bさん

借りるべきだと僕は思うよ。

理由は3つある。まず、今の日本で不動産を買うのは高値づかみになる可能性が高い。日本の人口はこれから減り続けるわけで、家はこれから余る一方だからね。逆に言えば家賃は下がっていく可能性が高いのだから、不動産価格の変化に合わせて家を借り替える方がいいんじゃないかな。

2つめに、引っ越しに対する柔軟性だ。A君はまだ若いし、この町にずっと住むって決めたわけじゃないだろ? だったら、賃貸にしておいた方が何かあったときに動きやすい。

3つめに……(以下略)

「理由は3つある」以下が根拠であることは、先ほど述べたとおりです。根拠ブロックは根拠を構成する個々の文なので、以下の文がそれぞれ根拠ブロックになります。

  • 理由は3つある。
  • まず、不動産の価格はこれから下る一方だと考えられる。
  • 日本の人口はこれから減り続けるわけで、家は余るからね。
  • (以下略)

根拠ブロックという言葉を用意することで、根拠のイメージがハッキリします。

先ほど述べたとおり、根拠は多数の文から構成されます。つまり、複数の根拠ブロックを組み上げたものが全体としての根拠を構成し、それが主張を支えているのです。先ほどのスライドでイメージを掴んでください。

ロジックの構成

このように、ロジックとは文の建築です。一番上にある「主張」という屋根を、根拠ブロックを組み合わせた土台(根拠)が支えているのです。

論理関係

先に進みましょう。建築をする場合、それぞれの建材をつなぎ合わせるものが必要です。たとえば、木材をつなぎ合わせるためには釘や接着剤を使いますよね。同じように、文と文もつなぎ合わせる必要があります。

では、文と文をつなぎ合わせる接着剤は何でしょう?

答えを先に言うと、それは論理関係です。ざっくりしたイメージとしては、接続詞のことだと考えてしまって問題ありません。論理関係(接続詞)が、文と文との接着剤として機能します。

Keyword

論理関係:文と文とのつながり(接続詞)

具体的に説明しましょう。論理関係として最も分かりやすいのは、主張と根拠の関係です。主張から見ると、根拠は「なぜなら」という論理関係でつながっており、根拠から見ると主張は「だから」という論理関係でつながっています。これは根拠という言葉の定義そのものから生じる論理関係なので、変わることはありません。

ロジカルシンキングのキーワード

根拠の中には、もっと多様な論理関係が出てきます。代表的なものを紹介しておきましょう。

  • 前提として
  • 第一に、第二に、第三に、
  • さらに/加えて
  • なお/ちなみに

これらの接着剤を使うことで、バラバラな根拠ブロックをつなぎ合わせ、一つの根拠として組み上げることができます。このように、文と文をつなぎ合わせることが、論理関係の仕事です。

実際に、先ほどの例でも確認しておきましょう。

Bさん
Bさん

借りるべきだと僕は思うよ。

理由は3つある。まず、今の日本で不動産を買うのは高値づかみになる可能性が高い。日本の人口はこれから減り続けるわけで、家はこれから余る一方だからね。逆に言えば家賃は下がっていく可能性が高いのだから、不動産価格の変化に合わせて家を借り替える方がいいんじゃないかな。

2つめに、引っ越しに対する柔軟性だ。A君はまだ若いし、この町にずっと住むって決めたわけじゃないだろ? だったら、賃貸にしておいた方が何かあったときに動きやすい。

3つめに……(以下略)

このケースでは、3本の柱で「家は借りるべきだ」という主張を支えようとしています。根拠の冒頭の「理由は3つある」という宣言からそれは明らかですね。さらに、その後も「まず」、「2つめに」、「3つめに」という言葉を使って、根拠を3つの塊に仕分けています。

根拠が妥当であるとは

ロジックを文の建築として捉えることで、「根拠が妥当である(=根拠は主張の正しさを支えられる)」とはどういうことなのかがイメージしやすくなります。

根拠が妥当であるとは、組み上げた根拠(土台)が主張(屋根)を支えられるということです。屋根が安定していれば「主張は正しい」ということになりますし、土台が崩れて屋根が落ちれば「主張は間違っている」ということになります。

こう考えると、どういうときに根拠の妥当性が崩れるのかもイメージしやすくなります。もう一度スライドを見てみましょう。

ロジックの構成

まず、個々の根拠ブロックに十分な強度がなければ、そこから根拠は崩れてしまいます。たとえば、上のスライドで柱の一本が腐っていたら、屋根は支えられませんよね。

この「根拠ブロックの強度」に該当するのが、根拠の客観性であり、普遍性です。詳しくは今後のエントリーで説明しますが、簡単に言うと、自分の思い込みでしかないことや、偶然に起こっただけのことを根拠として使うことはできません。そのような根拠は「それはあなたの思い込みでしょ?/たまたまそうなっただけでしょ?」という批判に耐えられないからです。

先に進みましょう。たとえ個々の根拠ブロックが十分な強度を持っていたとしても、ブロックの組み方が間違っていれば、やはり主張は支えられません。たとえば、上のスライドで柱の一本がなければ、バランスが悪くて主張を支えられませんよね。3本の柱で屋根を支えたいなら、柱の位置を変えなければいけません。

この「ブロックの組み方」に該当するのが、根拠の網羅性です。これも詳しくは今後のエントリーで説明しますが、要するに議論に抜け漏れがあると、そこから根拠が崩れてしまうということです。どこに柱を置いて、それをどのような接着剤(論理関係)で組み上げるかを考える必要があります。

まとめると、妥当な根拠を構築するためには、①どういう根拠ブロックを用意して、②それをどのように組み上げるべきかを理解すればいいのです。

では、準備ができました。次回は、「根拠の妥当性を検討する」とはどういうことなのかを、具体的に学んでいきましょう。