「仮説」とは何か|ロジカルシンキングにおける扱い

ロジカルシンキングにおける仮説と、その変化

ここからの一連のエントリーで、ロジカルシンキングにおける仮説の使い方を学んでいきましょう。

実社会では、正解の分かっている問いは考えません。あなたがロジカルシンキングを使うのがビジネスであれ研究であれ、考えるのは答えの分かっていない問いです。

そして、答えの分かっていない問いを考える上では、仮説の役割が重要になってきます。ロジカルシンキングを使いこなすためには、仮説とは何か、そのメリットとデメリットを理解し、仮説と上手く付き合っていく必要があるのです。

このエントリーではまず、仮説とは何かを学んでいきましょう。ではスタートです。

「仮説」とは

まずは「仮説」という言葉の意味を確認しましょう。最近は広く一般に使われる言葉なので、まずは広義の「仮説」からです。以下のスライドを見てください。

仮説とは

結論を先に述べると、「仮説」とは、それを述べる人が、その正しさに確信を持っていない言説のことです。スライドにはもう少し細かいことが書いてありますが、そのあたりの話は後ほどします。

とりあえず具体例を見てください。

Aさん
Aさん

毎日、生きていくのが辛くて仕方ないんだ。どうしたらいいだろう?

Bさん
Bさん

よく分からないけど、筋トレしてみたら? 仮説だけどね

ここで太字にした部分が仮説です。明らかに、Bさんは「(生きていくのが辛いなら)筋トレすればいい」という言説の正しさに確信を持っているとは言えませんよね。このように、それを述べる人がその正しさに確信を持っていない言説が「仮説」です。

詳しくは後述しますが、ロジカルシンキングで「仮説」と言う場合は、もう少し厳格な意味でこの言葉を使います。それでも、「それを述べる人が、正しさに確信を持っていない」という部分が仮説の本質ですので、まずはここを押さえてください。

Keyword

仮説:それを述べる人が、その正しさに確信を持っていない言説

言説の正しさと名称の関係

では、先ほどのスライドを詳しく見ていきながら、比較感の中で「仮説」という言葉を捉えていきましょう。一部、仮説とは関係ないように見える話も含まれていますが、それが仮説の役割やデメリットを理解する上で重要になってきますので、しばらくお付き合いください。

仮説とは

この図は、「ある言説が、どのような名前で呼ばれるか」をマッピングしたものです。以降は分かりやすさのため、言説を述べるのはあなた(スライド中は「私」と表記)であると仮定します。

まずは縦軸を見てください。これは、「あなたが、その言説の正しさにどれくらい自信を持っているか」を表しています。

たとえば、あなたが「人間は水分を摂取しないと生きていけない」という言説を述べるとします。あなたはこの言説を「意見」や「推測」とは呼ばないですよね。おそらく、「事実」か「常識」のどちらかを選ぶはずです。

理由は、「人間は水分を摂取しないと生きていけない」という言説を誰かが否定するとは考えられないからです。つまり、あなたはこの言説の正しさに確信があるのです(実際、正しいでしょう)。

言い換えると、「事実」や「常識」という言葉は、「自分はこの言説の正しさに確信がある」というニュアンスを含んでいるわけです。

このように、「言説の正しさに対して持っている自信」に応じて、その言説が何と呼ばれるかは変わります。それを表現したのが上のスライドというわけです。もちろん、言葉の意味というのは人それぞれですので、スライド上の位置づけは私の解釈である点に注意してください。

Point

ある言説をどう呼ぶかは、それを述べる人が言説の正しさにどれくらい自信を持っているかで変わる

スライドにあるように、「言説の正しさに対する自信」は大きく分けると以下の3つのレベルに分類できます。そして、そのレベルに応じて、言説の呼び名がいくつかあるのです。

  1. 自信レベル大:他の人が否定するとは考えられない
  2. 自信レベル中:自分にとっては正しいが、他の人が正しいと思うかは分からない
  3. 自信レベル小:自分自身も、正しいか分からない

言説の正しさに対する自信の決まり方

レベルごとの呼び名を見ていく前に、横軸を確認しておきましょう。ある言説の正しさに対してあなたが持つ自信は、どのように決まるのでしょう?

とりあえず仮置きで、「妥当な根拠があるほど、あなたはその言説の正しさに対して自信を深める」とさせてください。そこまでおかしな話じゃないですよね。ということで、スライドの横軸には根拠の妥当性が引いてあります。右に行くほど、その言説には妥当性の高い根拠があるということです。

仮説とは

言い換えると、妥当な根拠が見つかれば、言説の呼び名が上側にグレードアップしていくということです。たとえば、「当てずっぽう」でしかなかったものが、根拠が見つかることによって「意見」に出世したりするわけです1。ハマチみたいなものですね。

なお、「根拠の妥当性」と「人間が何を正しいと思うか」には、そこまで強い相関はありません。言説の呼び名はスライドの45°線上にピシッと並ぶ(比例関係になる)わけではないということです。

人間は、根拠の有無や妥当性に関わらず、正しいと認めたい言説に対する自信を深めます。人間には「信じる」という能力があるからです。このあたりの話は後ほどフォローします。

では、レベルごとにどのような呼び名があるのか、詳しく見ていきましょう。

自信レベル大:真理、真実、事実、常識

真理、真実、事実、常識

まず、正しさに対する自信が最大レベルの言説から始めましょう。具体的には、「自分だけでなく、誰にとってもこの言説は正しいはずだ」と思える言説に使う呼び名です。

このカテゴリーに属する呼び名には、以下のものがあります。

  • 真理
    • 観察不可能なメカニズムや法則に使われることが多い
    • 例:「万物は引力を有している」という真理
  • 真実
    • 創作(推理小説や歌詞など)以外では、あまり使われない印象
  • 事実
    • どんなことにでも使われる
    • 特に強固な根拠があり、学者の間で異論がない言説は「科学的事実」と呼ばれることもある
  • 常識
    • 明確な根拠があるとは言い難い、社会的な規範に使われやすい
    • 例:人を殺してはいけないことは常識だ

この4つの言葉はどれも、「誰もがこの言説を正しいと認めるはずだ」というニュアンスを含みますよね。「真理」や「真実」に至っては、「正しさに議論の余地なし」という強いニュアンスが乗ります2。つまり、あなたが何らかの言説にこのような呼び名を使うとき、あなたはその正しさに確信があるのです。

ちなみに、論説文においては、これらの言葉を軽率に使うべきではありません

理由はシンプルで、他の人が何を正しいと認めるかなど、私たちには知りようがないからです。世界の全人口に向けて強制アンケートでもやらない限り、他の人が何を考えているかは分からないですよね。つまり、本当のところ、何が「真理」や「常識」なのかは分からないのです3

言い換えると、上に挙げた言葉を多用することは「私が正しいと思っていることは、他の人も正しいと認めて当然だ」という傲慢さの発露に他なりません。あなたの説得力は上がらず、むしろ安っぽく見えるだけです。これらの言葉の使用には慎重になった方がいいでしょう。

逆に言うと、これらの言葉(特に「真理」や「真実」)は、言葉そのものにパワーがあるので、創作においては積極的に使うべきかと思います。

Aさん
Aさん

「真実」は3つある……

自信レベル中:主張、信念、意見

主張、信念、意見

少し自信のレベルを落としてみましょう。次は、「自分にとっては正しいが、他の人が正しいと認めるかは分からない」と思える言説に使う呼び名です。

このカテゴリーに属する呼び名には、以下のものがあります。

  • 主張
    • 「私にとって正しいし、他の人にも正しいと認めてほしい」というニュアンスになる
    • (主張する人から見て)妥当性の高い根拠を伴うことが多い
  • 信念
    • 「根拠はないが、私にとって正しい。他の人がどう思うかは関係ない」というニュアンスが強い
    • 例:「元気があれば何でもできる」という信念
  • 意見
    • この3つの中では、正しさに対する自信がやや低い

まず、「主張」に関してはロジカルシンキングのメインキャストですので、別エントリーにて詳しく解説しています。以下のリンクを参考にしてください。

ここでは、「主張」の対比として「信念」を考えるのが面白いでしょう。この2つは、ともに「自分にとって正しい」という部分は共通ですが、「他の人に正しいと認めてほしいか」が異なります。

また、信念は根拠を必要としません。あなたが正しいと認めるものは、それだけで(あなたにとって)正しくなるのです。信念は、先ほど述べた「『根拠の妥当性』と『人間が何を正しいと思うか』には、そこまで強い相関はない」ということの象徴的な例です。以下のリンクも参考にしてください。

なお、「意見」に関してはこのカテゴリーに含めましたが、ここは意見が分かれるところかもしれません。たとえば、「あくまで一意見だけど」という言い方をする場合、その正しさには自信がない場合もありますよね。「意見」をこのカテゴリーに含めるか、次のカテゴリーに含めるか、あなたの意見はどちらでしょうか4

自信レベル小:仮説、推測、当てずっぽう

仮説、推測、当てずっぽう

最後に、自信レベルを最低まで落としましょう。具体的には、「正しいかどうか、自分でも分からない」というレベルです。

このカテゴリーに属する呼び名には、以下のものがあります。先述のとおり、ここに本題である「仮説」も含まれます。

  • 仮説
  • 推測
  • 当てずっぽう

このカテゴリーに属する言説は、「これは 仮説/推測/当てずっぽう だ」といった表現とセットで述べるのが普通です。そうしないと、このカテゴリーに属している(=あなたは正しさに自信がない)ということが受け手に伝わりません。例として、冒頭の例を変えてみましょう。

Aさん
Aさん

毎日、生きていくのが辛くて仕方ないんだ。どうしたらいいだろう?

Bさん
Bさん

筋トレしてみたら?

これだと、Bさんは「(生きていくのが辛いなら)筋トレすればいい」という言説に、それなりの自信があるように見えてしまいますよね。このように、何らかの「これから述べることの正しさを、自分は保証しないよ」といったニュアンスの表現を何も添えないと、その言説は最低でも「意見」であるように見えてしまうのです。

逆から言うと、「これは 仮説/推測/当てずっぽう だ」と言っておけば、あなたはその言説に対する責任を負わなくて済むわけです。

たとえば、「これは私の仮説に過ぎませんが」という表現があります(私もたまに使います)。これは単に、「これから述べることが間違っていても、私は責任を取りません(=テキトーなことを言うよ)」という言葉をオブラートに包んでいるだけです。

このように、このカテゴリーに属する言説は、それを明示することによって、あなたは正しさを保証しません。逆に言えば、間違っていてもいいのです。つまり、仮説は間違っていても構いません。これは当たり前に見えて、忘れられがちなポイントです。

Point

仮説は間違っていても構わない

ただし、このような呼び名を使う場合でも、その言説が「あなたの中で最も正しい」ことは確実です。わざわざ、二番目や三番目に正しそうなことを言う必要がありませんからね。たとえ完全な当てずっぽうであっても、あなたにとってベストなものではあるわけです。

最後に、感覚的な話ではありますが、「仮説」には「推測」や「当てずっぽう」よりは自信があるニュアンスが含まれると私は思います。あなたの中で明確に言語化できているかはともかく、何らかの根拠はあるわけですね。スライドにはそれが反映してあります。

以下の定義も参考になるでしょう。

A hypothesis is something more than a wild guess but less than a well-established theory.

(仮説とは、完全な当てずっぽう以上、確立された理論以下のものである)

ロジカルシンキングにおける「仮説」

では、下準備ができたので、ここからはロジカルシンキングにおける、もう少し厳格な意味での「仮説」を考えていきましょう。以下のスライドを見てください。

ロジカルシンキングにおける仮説と、その変化

見てのとおり、ロジカルシンキングに関係ない呼び名にはご退場いただきました。

これも結論を先に述べておくと、ロジカルシンキングにおける仮説とは、仮の主張のことです。「現時点での、主張の最有力候補」と言ってもいいでしょう。

Keyword

ロジカルシンキングにおける「仮説」:仮の主張

さらに、その仮説は作業によって検証され、晴れて主張に出世するか、棄却されるかのどちらかです。仮説が仮説のままでいることはありません。ここが、これまでに述べた一般的な意味での「仮説」との決定的な違いです。

Point

ロジカルシンキングにおいては、仮説は検証されるものであり、仮説のままでいることはない

では、スライドを順に確認していきましょう。

はじまりはいつも論点

まず、ロジカルシンキングの始まりは、いつも論点です。仮説や主張ではありません。それを明示するために、スライドの左側には論点があります。

ロジカルシンキングにおける仮説と、その変化

そして、論点が設定されれば、知りたいのは主張(厳密には、根拠を伴うロジック)です。このあたりの話は、以下の「ロジカルシンキングのプロセス」も参考にしてください。

終わりは行動か定説

次に、終わりを確認しておきましょう。主張が分かった後のルートは、ビジネスか研究かで変わります。

ロジカルシンキングにおける仮説と、その変化

まず、ビジネスとは問題解決ですから、考えた後に行動が待っています。導かれた主張が個人や組織として「正しい」ということになれば、意思決定を行い、行動に移ります。

研究の場合は、その目的は問題解決ではなく、真理の探求です。よって、主張は研究者コミュニティで精査され、晴れて主張が「正しい」という賛同が得られれば、あなたの主張は「定説」と呼ばれます5

ビジネスと研究における、根拠の違い

余談ですが、ビジネスと研究にはこのような違いがあるため、「仮説」を「主張」にする際に求められる根拠のレベルが大きく異なります。

端的に言えば、ビジネスで本当に興味があるのは主張が「正しい」ことではなく、行動して結果が出ることです。よって、研究の側から見るととても主張にはできないレベルの根拠しかなくても、それを基に主張して、行動に移ります。また、行動から得られたデータを根拠にして、さらに新しい主張/行動に結びつけることも一般的です。

一方、研究では「正しいかどうか」にしか興味がありませんから、根拠の妥当性が強く要求されますし、それが他者から徹底的に精査されます。

つまり、ビジネスの「主張」は左下、研究の「主張」は右上に寄るということです。スライド上では分かりやすさのために「主張」を1つで表現していますが、頭の中で動かしてみてください。

ロジカルシンキングにおける仮説と、その変化

さらに言うと、ビジネスでは「主張」をショートカットすることもあります。仮説が立ったらさっさと行動に移って、結果で仮説を検証し、行動を改善していくわけです。行動のコスト・失敗のダウンサイドリスクが小さい場合は、こちらの方が効率的になります。このあたりの話は、以下のリンクも参考にしてください。

ただ、このような違いはあるにせよ、最近はビジネスで求められる根拠のレベルも上がりつつあるというのが私の印象です。あらゆる場所でデータが取れるようになってきていますからね。というより、そのようなデータを取得し、精度の高い意思決定に結びつけられる企業が勝つということかもしれません。

論点から主張が生まれるまで

話を仮説に戻しましょう。仮説とは、ここまで説明した、論点と主張の中間に存在するものです。

ロジカルシンキングにおける仮説と、その変化

論点と主張の間は、大きく分けると以下の2つに分かれています6

  1. 仮説が立つまで:何もない状態から、仮説が立つまで
  2. 仮説が立った後:仮説を主張に出世させるか、棄却するかの判断

これは逆から説明した方が分かりやすいので、後ろから見ていきましょう。

②仮説が立った後

仮説が立った後の話はシンプルです。あなたの当面のゴールは主張を明確にすることですから、仮説が立った以上、あとは「仮説を主張に出世させても問題ないか」を判断するだけです。

そして、仮説を主張に出世させるのは、妥当な根拠の存在です

ロジカルシンキングにおいては、「根拠の妥当性が高いほど、その言説は正しい」という前提が成立します。そういう枠組みの中で考えるのがロジカルシンキングだからです(先述のとおり、一般には成立しません)。

言い換えると、仮説に対して妥当な根拠を作る/見つけることができれば、あなたはその仮説を主張に出世させることができるのです。逆に、それができなければ仮説は棄却するしかありません。ゴミ箱行きです。スライドで確認してください。

ロジカルシンキングにおける仮説と、その変化

このような、仮説の真偽を検証する作業のことを仮説検証と呼びます。

Keyword

仮説検証:仮説の真偽を検証する作業のこと

仮説検証は、具体的には以下の作業のうちのどれかです。

  • 観察
    • 実験など
  • 質問調査
    • インタビュー
    • アンケート
  • 調査・分析

詳しくは以下のリンクを参考にしてください。

仮説は、仮説検証を通じて、晴れて主張に出世するか、ゴミ箱に入る(=仮説を棄却する)かのどちらかです。つまり、仮説が仮説のままでいることはありません

このことは、「仮説=ハマチ」と覚えておくとよいでしょう。ハマチも、ハマチのままでいることはできませんよね。成長してブリになるか、私たちの胃袋に入るかのどちらかです。

Point

仮説とハマチは、「そのままではいられない」という点で同じ

先述のとおり、この点が一般的な意味での「仮説」との決定的な違いです。一般的な意味で「仮説」と言った場合は、単に「正しさに責任を持たない」という意味止まりで、その正しさに白黒をつけるところまでは求められません。

しかし、ロジカルシンキングで「仮説」と言った場合は、必ずその後に仮説検証を行い、仮説の正しさに白黒をつけることが求められるのです。

①仮説が立つまで

では、一歩前に戻りましょう。ややこしいのはこっちです。

いつ、どのように、仮説が立つのでしょう?

順に考えてみましょう。まず、論点が設定された時点で、あなたは論点に関するいかなる情報・経験も持っていないと仮定します。実際はこんなケースは稀ですが、ゼロベースで考えるために、こういう前提を置かせてください。

となると、何の情報もないわけですから、当てずっぽうすら不可能です。つまり、答えの候補が何もない状態、図の左下からスタートすることになります。

ロジカルシンキングにおける仮説と、その変化

そして、このスタート地点から主張に至るまでの間に、必ず仮説が立ちます

これは逆から考えれば明らかでしょう。主張が分かるその瞬間まで、「何が自分の主張になるのか、サッパリ想像もつかない」という状況であることはありえません。必ず、主張が分かる前に「おそらく、XXという主張になるだろう」という目星がつきます。

言い換えると、どれだけ仮説を立てないように努めたとしても、主張より先には仮説が立ってしまうものです。これは避けられません(ただし、これは主張に向かって順調に前進したケースの話であり、全く前進がない場合は、もちろん仮説も立ちません)。

Point

仮説は、主張に近づく過程で、いつかは必ず立ってしまうものである

ただ、ビジネスでも研究でも、仮説は「立ってしまう」ものではなく、明確に「立てにいく」ものです(例外はあります)。

それも、かなり早いタイミングで仮説を立てます。下手をすると、「論点を設定する前に仮説を立てる」と言っても過言ではありません。「仮説が立つか」が、論点の解決可能性を評価する視点の1つなのです(=仮説が立たないなら解決可能性が低いので、論点にしない方がいい)。このあたりの話は次回のエントリーで詳述しますが、とにかく、早い段階で仮説が立つことには明確なメリットがあります。

このような、できるだけ早いタイミングで仮説構築をしようとする態度/思考スタイルのことを、ビジネス用語で仮説思考と呼びます。

Keyword

仮説思考:できるだけ早く仮説を立てようとする態度/思考スタイルのこと

ただ、仮説思考を上手く行えるか(=早いタイミングで適切な仮説を構築できるか)は「ロジカルシンキング」という枠組みの外にある、というのが私の理解です。何もない状態から適切な仮説を立てられるかどうかは着想(いわゆるクリエイティブ・シンキング)や経験に依存する部分が大きく、理屈ではどうにもならない部分があります。

また、仮説思考には明確なデメリットもあります。あらゆる論点に使うべき態度ではありませんし、そのあたりを理解せずに使うのは危険なので注意してください。

ということで、まだまだ先はあるのですが、長くなってきたので、一旦ここまでにしましょう。

以上、ロジカルシンキングにおける「仮説」とは何かを説明しました。次回のエントリーでは、以下の論点を掘り下げていきます(後日投稿予定)。

  • なぜ早いタイミングで仮説を立てるべきなのか?
  • 早いタイミングで仮説を立てることのデメリットは何か?
  • どうしたら早いタイミングで仮説を立てられるか?

また、ロジカルシンキング関連のエントリーは以下のページにまとめてあります。こちらも参考にしてください。


  1. ただし、下段から中段へのグレードアップはあなたの判断で行ってよいですが、中段から上段へのグレードアップは慎重に行ってください。他の人が何を正しいと認めるかは私たちには分からないからです。 

  2. 厳密には、「真理/真実」という言葉には「人間による正誤の判断とは無関係の、本当の状態(「正誤」ではなく「真偽」)」というニュアンスがあります。しかし、何が「真理/真実」なのかを考えようとする時点で、そこには人間の判断が介在してしまうため、人間による正誤の判断から離れて「真理/真実」を決めることは不可能です。 

  3. この姿勢が行くところまで行くと、「真理や真実など存在しない」という姿勢になります。 

  4. 「意見」は、「主張」から「推測」くらいまでをすべて内包する概念だと考えてもいいかもしれません。 

  5. なお、世の中の実態としてはこれが「真理/科学的事実」として扱われていますが、定説は覆ることがあるため、科学者の方たちはそういう言葉を使わない印象です。 

  6. なお、このプロセスは他のエントリーで解説している「ロジカルシンキングのプロセス」と並行します。後述するように、仮説がいつ立つか・仮説をいつ立てるべきかは一概には言えない部分があるので、ロジカルシンキングのプロセスには含めませんでした。