問題解決・ロジカルシンキングにおける5W1Hの使い方

5W1H → 6W4H

このエントリーでは、5W1Hとは何か、ロジカルシンキングを使って問題解決を行う文脈で、どのように5W1Hを使えばいいかを説明します。

早速始めていきましょう。

5W1Hとは

まずは、「5W1H」という言葉の意味を確認しておきましょう。辞書には以下のように書かれています。

5W1H

物事を計画的に進める際、あるいは物事を正確に伝える際に用いられる確認事項。who(誰が)、what(何を)、when(いつ)、where(どこで)、why(どんな目的で)、how(どのように)。

ということで、知ってのとおり、5W1HとはWho、What、When、Where、Why、Howの6つの疑問詞のことです。この6つの疑問詞を使うことで、物事を具体的に述べることができます。

重要なのは、「物事を具体的に述べることができる」の方です。5W1Hの内訳はみんな知っていますが、それを何のために使うかは忘れられがちです。ここをしっかり押さえてください。

Point

5W1Hは、物事を具体的に述べるために使う

6W4Hまで拡張する

さて、ここで5W1Hを6W4Hまで拡張しておきましょう。

先ほど、5W1Hの目的は物事を具体的に述べることだと言いました。では何を具体的に述べるかですが、ロジカルシンキングを使って問題解決をする文脈では、解決策(行動)を具体的に述べたいケースが多いです。

もしこのあたりの話がピンとこない場合は、先に以下のリンクを読んでください。問題解決とはどういうことかを解説しています。

一般に、5W1Hはニュース(起きたこと)を具体的に述べるためのツールとして紹介され、たしかにニュースを具体化するのには5W1Hで十分です。しかし、解決策を具体化するには不十分なことが多いんですよね。ということで、以下のように6W4Hまで拡張しておきましょう。

  • 解決策は、具体的にどのようなものか?
    • What:何をやるのか?
    • Who:誰が?
    • Whom:誰に?
    • When:いつ?
    • Where:どこで?
    • Why:なぜそうすべきなのか?
      • ※後述しますが、Whyは別の論点として立てます
    • How:どのようにやるのか?
    • How often:どれくらいの頻度で?
    • How many:何回/どれくらいの量をやるのか?1
    • How much:それにいくらかかるのか?

全部で10個は多すぎて覚えられないと思うかもしれませんが、大丈夫です。結局、これらの要素が具体的にならないと、行動できません。「解決策をやりきれているか?」という視点さえ常に持っていれば、嫌でもこの10個の疑問詞を考えることになるのです。また、毎回10個すべての疑問詞に答えるわけではなく、必要に応じて取捨選択します。

具体的な使い方

では、具体的な使用例を見ていきましょう。

Aさん
Aさん

ダイエットするわ。

Bさん
Bさん

そんなんじゃ甘いよ。解決策を具体的にしなきゃ。6W4Hを使うんだ。

では、6W4Hを使って行動を具体的にしてみましょう。以下のように考えてみました。

  • ダイエットとして、具体的に何をするのか?
    • What:何をやるのか?→ 食事制限をして、1日の摂取カロリーを2000kcal以下に抑える
      • 自分の年齢、体重、運動量などから、1日の摂取カロリーを2000kcal以下に抑えれば体重が減ると考えられる
      • 現在の食生活を維持しながら、それを上回る消費カロリーを生み出す運動をすることは、全く現実的ではない
    • Who:誰が?→ 私が(明らかなのでカットしてもOK)
    • Whom:誰に?→ 考える必要なし
    • When:いつ?→ 朝と夜のみ食事をし、昼食はカットする。夕食はできるだけ19時までに済ませる。また、一切の間食をやめる
      • 3食を食べてトータルカロリーを2000kcal以下に抑えるのは、自分にとって実現性がない。また、3食を食べるべき理由で説得力のあるものは、調べた限り見つからない
      • いつの食事をカットするかだが、朝はメニューがコントロールできるので、カットすべきではない。よって昼食か夕食をカットする。昼食後に眠くなるデメリットを考えて昼食をカットしたが、カットするのは夕食でも構わない
    • Where:どこで?→ 考える必要なし
      • どこで食事するかは重要ではない
    • How:どのようにやるのか? →朝はプロテインスムージーで固定とし、夜は好きなものを食べてよい。ただし、糖質はできるだけ避けることと、1日トータルで2000kcalを超えないようにメニューを選ぶ
      • 朝食は最もコントロールしやすいので、固定メニューでタンパク質・脂肪・ビタミンなどの必要な栄養素を確保する。手間、腹持ちなどを考えてプロテインスムージーとした
      • 夕食まで厳密なメニュー管理をするのは現実的ではないので、こちらは制限を緩め、あとは結果(体重が減ったか)で管理する
    • How often:どれくらいの頻度で? →毎日。ただし、2週間に1日だけは、夕食を好きなだけ食べても構わない
      • たまには好きなだけ食べないと、長続きしない
    • How many:何回/どれくらいの量をやるのか? →考える必要なし
      • この場合、WhenとHowで必要なことは考えている
    • How much:それにいくらかかるのか? →考える必要なし
      • 食事制限をすれば、普通は食費が減るから(気になるなら計算しても構いません)

6W4Hを使うことによって、「ダイエットをやる」とだけ言っていたころより、すべきことが具体的になりましたよね。なお、内容の正しさは今回の主旨ではないので、参考程度に考えてください。

使用上のポイント

以下、使用上のポイントを3つ紹介します。

  1. Whyは別格扱い
  2. どの疑問詞に何を書くかは、そこまで厳密に考える必要はない
  3. 行動しながら考える

順に説明します。

ポイント①:Whyは別格

1つめに、問題解決/ロジカルシンキングの文脈で5W1H(6W4H)を使う場合は、Whyは別格扱いになります。今回のケースでも、Why以外の各要素に対してWhy(なぜその答えになるのか)が求められるので、そのように書きました。インデントが下がっている部分がWhyです。

また、Whyの意味が一般的な5W1Hの場合とは変わっていることも押さえてください。一般的には、5W1HでのWhyは「なぜそれをするのか」という意味で、全体に係ります。この場合だと、「なぜダイエットをするべきなのか」という問いかけになるわけです。

しかし、その問いは考えても意味がないですよね。この状況設定では、「なぜダイエットをするべきなのか」という問いに答え終わったから、「ダイエットをする」という意思決定に至るわけです。よって、Whyは「なぜ個々の要素に対する答えがそうなるのか」という意味で使っています。

このように、Whyは他の疑問詞とは同列に扱わず、別格扱いにします。以下の画像でイメージを掴んでください。

5W1H → 6W4H

こうなる理由ですが、Whyは「考える」という行為そのものだからです。このあたりの話は、以下のリンクに詳しく書いてあります。

ポイント②:どの疑問詞に何を書くかは、そこまで厳密に考える必要はない

2つめに、どの疑問詞に何を書くかは、そこまで厳密に考える必要はありません。やることが具体的になればいいからです。この例でも、What、How、How manyのどこに何を書くかは難しいところですが、何をどのように食べるかが明確になっているなら、それでOKです。

やることが具体的になっているかどうかは、一通り書いた後で「これで今から迷いなく行動できるか?」と問いかけることでチェックできます。各疑問詞に何を書くかより、この問いかけに「イエス」と答えられるかどうかに集中しましょう。

Point

「これで今から迷いなく行動できるか?」に集中する

今回の例だと、Howの部分は詰めが甘いですよね(本当にダイエットについて論じたいわけではないので、あっさり書きました)。本当にダイエットをやるなら、プロテインスムージーのレシピや、主要な食材の糖質含有量やカロリーの一覧なども必要です。飲酒に関するガイドラインも抜けていますね2

ただし、私の経験上、あまりガチガチに具体化しても、形骸化します。ここが人間の面白いところですね。行動に移れる程度には具体化しつつ、縛りすぎないのがポイントではないかと思います。

ポイント③:行動しながら考える

最後のポイントは、行動しながら考えることです。

「これで今から迷いなく行動できるか?」という問いにイエスと答えられたら、とりあえず行動しましょう。命や大金がかかっているケースを除けば、行動をしたところで失われるモノは大してありません。考えたことが正しかったかどうかを実践で検証しながら6W4Hを改善する方が、ゴールに早く到達できます。

先ほどのダイエットの例でも、私があのような記述ができるのは、私が実際にあのように考えてダイエットをしたことがあるからです。実際にダイエットをしたことがないのに、デスクサーベイだけであんなに具体的な内容が書けるわけがありません。

考えなしに行動しても結果に結びつきにくいことは事実かもしれませんが、行動しないと100パーセント確実に、結果は出ません。考えすぎても仕方ないので、ドンドン行動しましょう。

練習問題

Question

以下のトピックのうち1つを選び、6W4Hを使って具体化しなさい(解答例はありません)。

  1. 英語を勉強する
  2. 筋トレをする
  3. プログラミングを勉強する
  4. オシャレになる
  5. カッコよく/可愛くなる

以下に解答欄がありますので、答えを書いてみてください。自分で書いた方が、ずっと効率的に学習できます参考)。分からなくても、トライしてくださいね。なお、この解答欄に書いたことは保存できないので、解答を保存したい場合は自分のメモアプリなどを使ってください。

以上、ロジカルシンキングを使った問題解決における5W1H(6W4H)の使い方を説明しました。「何をやればいいか、ボンヤリと分かってはいるが、行動には移れていない」というケースは結構あると思うので、そういうときはこのフレームワークを使ってみてくださいね。

さらに学習を進めたい人は

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。ロジカルシンキングの学習をさらに進めたい人は、以下のエントリーに進んでください。次回からは、自力での分解を学んでいきましょう。

ビジネスで使えるフレームワークを学ひたい人は、以下のリンクに進んでください。

また、ロジカルシンキング関連のエントリーは以下のページにまとめてあります。こちらも参考にしてください。


  1. 「どれくらいの量」は英語では”How much”ですが、”How much”は「いくらかかるのか?」の方に使ったので、このような整理になっています。 

  2. 私は下戸なので詳しくないのですが、一般には「飲まないのがベストだが、飲むなら醸造酒(ビールなど)を避けて、蒸留酒(焼酎など)を飲む」と言われています。