ロジカルシンキングのすべて

ロジカルシンキング

ロジカルシンキングとは、正解のない問いの答えを探すときに用いる、基本的な「考え方」と「議論の仕方」のことです。

今や、ロジカルシンキングは社会人の必須スキルとしての地位を確立しました。就職活動を始めた大学生や新社会人なら、一度は「ロジカルシンキング」という言葉を聞くことになります。それどころか、小学生に対してロジカルシンキングを教える塾が存在するくらいです。

このページでは、ロジカルシンキングを身につけるために必要な知識と練習問題を、すべてまとめています。詳細な説明はリンク先で行っていますので、このページは全体像を把握するための地図として使ってください。

基本的に、上の記事から順に読むのがオススメです。重要で理解しやすいことから順に構成してあります。

なお、すでにロジカルシンキングの経験がある人でも、やはり上から順に読んでください。ロジカルシンキングは数学のような積み上げ型のスキルなので、言葉の定義などにズレがあると、中身が理解できなくなります。知っているところは流し読みで構いません。

ここで解説していることを理解して、練習問題をひととおり解けば、「考える」ことを求められる、すべての職業のスタートラインに立つことができます。なお、あなたが中学生や高校生でも、まずはチャレンジしてみてください。ロジカルシンキングは日常生活から論文執筆(小論文を含む)にまで応用可能です。早く勉強してしまうに越したことはありません。

では、前置きはこれくらいにして始めていきましょう。

Part 1:はじめに

ロジカルシンキングの学び方

内容に入る前に、ロジカルシンキングとはどういうスキルで、なぜ学ぶべきなのか、どのように学ぶべきなのかといったことを概観しておきましょう。また、ロジカルシンキングは問題解決の文脈で使うスキルなので、この2つの関係も押さえてください。

Part 2: ロジカルシンキングの基礎

ロジカルシンキングのポイント

ここからが内容です。このパートでは、「正しい」とはどういうことかを学ぶことを通じて、ロジカルシンキングの基礎を押さえていきましょう。

根拠の妥当性の検討方法

妥当な根拠の構築方法

妥当な根拠の3つのポイント

ロジカルシンキングでは、主張の是非は根拠の妥当性によってのみ決まります。提示された根拠が主張を支えるだけの強さを持っているかを精緻に評価し、主張を受け入れるかを判断するわけです。主張の是非を直接的に判断することはしません。

これをロジックを作る側の視点で言い換えると、主張するときには、妥当な根拠がセットで必要になるということです。

では、妥当な根拠とはどんな根拠で、どうすればそれを構築できるのでしょう? このセクションでは、妥当な根拠の構築方法について学びましょう。

全体像

客観性

妥当な根拠の第一の条件は、客観性です。根拠の客観性とはどういうことか、どうしたら客観的な根拠が構築できるかを学びましょう。

普遍性

妥当な根拠の第二の条件は、普遍性です。根拠の普遍性とはどういうことか、どうしたら普遍的な根拠が構築できるかを学びましょう。ただし、普遍的な根拠を構築するためには統計学の知識が不可欠なため、ここでは部分的な解説に留めます。

網羅性(MECE)

妥当な根拠の第三の条件は、網羅性です。根拠の網羅性とはどういうことか、どうしたら網羅的な根拠が構築できるかを学びましょう。

Part 3: ロジカルシンキング実践編

ロジカルシンキングのプロセス

前パートでは、「正しい」とはどういうことかを学びました。ここからは、「正しく考える」とはどういうことかをを学んでいきましょう。実践編です。

具体的には、論点を設定してから答えを出すまでを一連のプロセスとして捉え、何を、どのように行うべきかを学んでいきます。まずは全体像を押さえてください。

プロセス①:論点を設定する

ロジカルシンキングのプロセス①

ロジカルシンキングの最初のプロセスは、論点を設定することです。論点とは何か、「正しい」論点を設定するには何をすればいいかを考えていきましょう。

(このセクションの以降の内容は執筆中です)

プロセス②:論点を分解する

ロジカルシンキングのプロセス②

論点が設定できたら、次は論点を分解します。正しく論点を分解するとはどういうことかを学び、そのために使える思考のツールを覚えていきましょう。

フレームワークの使い方

フレームワークとは

網羅的な根拠を構築するためには、論点を正しく分解する必要があります。

論点を分解する方法は、大きく分けて2つに分類できます。①フレームワークを使う、②自力で分解する、の2つです。

このうち、簡単なのはフレームワークを使うことです。まずは基本的なフレームワークを覚え、実際に使ってみることで、「論点を正しく分解する」ということに慣れ親しんでいきましょう。

フレームワークの基礎

基本的なフレームワーク

ビジネスで使えるフレームワーク

ビジネスで利用するフレームワークに関しては、数が多くなってしまった関係上、以下のカテゴリーにて紹介しています。ロジカルシンキング学習を進める上で必須ではありませんので、ビジネスに関わっていない人は気にせず先に進んでください。

自力での分解

ここからは、論点を分解する2つめの方法である、自力での分解を学んでいきましょう。

フレームワークは便利ですが、個別具体的な論点を深いレベルまで分解するためには、どうしても自力で分解することが必要になります。分解の切り口を覚え、様々な論点に対処する方法を学んでいきましょう。

(以降の内容は執筆中です)